ケアマネ試験の試験時間・当日の注意点など

ケアマネ試験,試験時間,注意点

ケアマネの試験会場や受講料というのは、各都道府県によって異なります。しかし、ケアマネ試験時間や試験日は、全国共通です。

 

ケアマネ試験時間は、通常は120分となっています。問題数は全部で60問で、介護福祉分野から介護保険制度の基礎知識、要介護認定等の基礎知識、居宅・施設サービス計画の基礎知識等といった問題が25問出題されます。また、保健医療福祉サービス分野からは保健医療サービスの基礎知識等が15問、保健医療サービスの総合知識等が5門、福祉サービスの知識等が15問出題されるのです。

 

ちなみに、ケアマネ試験時間は、点字受験者の場合は180分、弱視等受験者の場合は156分となっています。

 

試験当日に気を付けることは、当たり前ですが受験票を必ず持って行くということです。また、9時30分までには会場に入るようにしましょう。

 

ケアマネ試験時間の開始は10時からなので、それまでに入れば問題ありませんが、9時30分から簡単な注意や連絡があるはずなので、それでまでに会場入りしていることが望ましいのです。

 

もし遅れてしまった場合は10時までに入室しても問題ありませんが、それよりも遅くなった場合は入室自体できなくなり、受験できなくなってしまうので注意してください。

 

また、試験はマークシート形式となっているので、筆記用具を必ず持って行きましょう。鉛筆かシャープペンシル、そして消しゴムを持って行き、ボールペンはやめましょう。

 

試験会場には携帯電話やパソコンなどを持ち込むことはできません。その点も注意してください。