ケアマネ試験に確実に合格したい方へ

 

東大式,ケアマネ,試験,勉強法

これからケアマネ試験を受験する貴方はこんなことで悩んでいませんか?

  • 家事や仕事で忙しくてまとまった勉強時間がとれない
  • 年齢的も年齢だし記憶力に自信がない
  • 専門用語がさっぱり覚えられない

このような悩みは多くの方が持っていると思います。

東大式,ケアマネ,試験,勉強法

・・・でもご安心ください。ケアマネ試験対策にぴったりの学習法があります。

誰でも短期間・短時間の勉強でケアマネ試験に合格できるように開発された「東大式記憶術ケアマネ試験一発合格法脳プログラム」なら、忙しい方でもスキマ時間を使って驚くほどスラスラ覚えることができるのです!

 

その秘密は「東大式記憶術」という記憶法を使った勉強法だから。
スキ間時間に音声を聞くだけで脳に長期間記憶させることができる画期的な勉強法です。

 

こちらのHPの中ほどでサンプル視聴ができます

 

東大式ケアマネ試験勉強法とは?

 

できるだけ少ない労力で確実に合格を勝ち取る教材です。

 

東大式,ケアマネ,試験,勉強法

介護支援専門員は通称ケアマネージャー、略してケアマネと呼ばれています。ケアマネの資格を取得するためには、試験に合格し研修を受け、さらにレポートを提出しないといけません。

 

この試験に合格したいなら、東大式ケアマネ教材がおすすめです。通勤中や家事の合間といったちょっとした空き時間に勉強をするだけで、短期間で一発合格することができる人気の教材です。

 

ケアマネ試験の基本テキストというのは、とにかく膨大な量があります。試験のためにその内容をすべて丸暗記しないといけないなんて…と見ただけでやる気が削がれてしまった人もいるのではないでしょうか。しかし、ケアマネの試験は5択の中から正解を選ぶものですので、丸暗記の勉強法というのはとても効率が悪いのです。

 

東大式ケアマネ教材では、介護支援や保健医療、福祉サービスなど全分野のポイントをわかりやすく教えてくれます。5枚組になったCDを繰り返し聞くことで、自然とケアマネに関する知識が脳に短期記憶として残ります。

 

そして携帯やスマホを使い、どこでも簡単にアプリで問題を解くことができますから、それによって短期記憶だった知識が長期記憶へと変わるのです。何度も繰り返しCDを聞き問題を解くことで、分厚いテキストと向き合わなくても済むというわけなのです。

 

東大式ケアマネ教材は、16,800円で購入できます。今なら教材のデータをPDF、MP3、そしてyoutubeの音声としてもらうことができ、さらには過去3年分の試験問題と、その回答音声データをもらえますよ。

 

現役ケアマネージャー山口あやこさんってどんな人?

 

この勉強法を生み出した山口あやこさんについて解説しましょう。

 

山口あやこ

現役のケアマネージャーで、東大式ケアマネの作者である山口あやこさんは、日本福祉大学を88年に卒業後、いくつかの職業を経てからソーシャルワーカーとして福祉の仕事に就くことになり、10年以上働いていらっしゃいます。

 

ケアマネの試験に合格したのは平成15年だそうで、現在では介護サービス情報の公表制度の調査員もされているんですよ。

 

山口さんはケアマネ以外に、精神保健福祉士や福祉環境コーディネーターといった資格を持っているそうですが、これらに合格したのは、なんと30歳を過ぎてからなんだそうです。20代の頃から試験に挑んでいたそうですが、その頃はまったく合格することができなかったそうです。しかし、浅田哲臣さんの東大式記憶術に出会うことができたために、30歳を過ぎてから受けた試験は、なんと1発合格できるようになったのだとか。

 

浅田さんは東大に一発合格した方で、このたび山口さんと二人で、東大式ケアマネ教材を作成したのです。
東大式ケアマネ教材を利用すれば、空き時間に行った勉強でも効率よく覚えることができるようになります。人間の脳の仕組みを考えた上で作成された教材だからこそ、簡単な勉強法なのに覚えることができるんです。

 

人は5日前に食べた食事の内容というどうでも良いことはすぐに忘れてしまいますが、過去に何度も繰り返し聞いて歌った曲などは、何年経っても覚えているもの。インプットした情報をアウトプットするという行動を取ることで、効率的に脳に情報を記憶させていくのが、この東大式ケアマネ教材なのです。

 

東大式記憶術の浅田哲臣さんって?

 

山口あやこさんがケアマネ試験に一発合格した時に使った「東大式記憶術」

その開発者の浅田哲臣さんについて解説しましょう。

 

浅田哲臣

 

東大式ケアマネ教材の作者の一人である浅田哲臣さんは、東大式記憶術の作者でもあります。東京大学理科一類に現役で合格されたのですが、それは彼の勉強方法による力が大きいそうです。効率よく誰でも簡単にできる記憶術を、東大式ケアマネ教材では学ぶことができるのです。

 

浅田さんの勉強法は、なんと幼稚園児でも簡単に行えるものだそうです。実際に幼稚園に通う浅田さんのお子さんに試してみたところ、小学校で習う漢字1006字を読めるようになったのだとか。でも、それは浅田さんの頭が良く、さらにその浅田さんのお子さんだからこそできたことなのでは? と疑いたくなってしまいますよね。

 

でも安心してください。東大式ケアマネ教材では、じっと机に向かって毎日ノートに文字を書き続けたりする必要はないのです。忙しくて勉強する時間を取れない、記憶力に自信がない、専門用語が難しくて覚えられないというそんな人でも、1日短時間の勉強で簡単に記憶することができるんですよ。

 

記憶するには、インプットした情報をアウトプットすることが大切です。これには頭の良さや年齢などは関係ないのです。CDの音声を何度でも繰り返し聞くというインプットを行い、携帯やスマホでできるケアマネ式アプリで、実際に問題を解いてアウトプットしていくのです。こうすることで、自然と勉強の内容を記憶することができるんですよ。

 

ちなみに、ケアマネの試験は全部で60問が出題され制限時間は120分ですので、1問につき2分で回答する必要があるのですが、なんとアプリでは1問の回答時間が2分間に設定されており、本番と同じように回答ができるのです。

 

 

ケアマネ試験合格の最短距離として毎回多くの合格者を出している教材です。

 

東大式,ケアマネ,試験,勉強法

東大式,ケアマネ,試験,勉強法